Pipenvの使い方

Pipenvとは

  • pythonの仮想環境作成・管理とライブラリの管理を行ってくれる
  • 要はnpmとかみたいなもの
  • requirements.txtがプロジェクトに存在するとそれから依存を読み出してセットアップしてくれる

pipenvのセットアップ

pipenv自体のinstall

pip install pipenv

pipenvをプロジェクトに対してセットアップ

pipenv --python <python-version>

これでプロジェクト直下にPipfilePipfile.lockができる

ライブラリのインストール

pipenv install <library-name>

dev環境のみへのインストール

  • 実行時には使用しなくていいテストライブラリなどはこっち
pipenv install --dev <library-name>

pipenvで作成した環境でのpythonの実行

  • 普通にプロジェクトの直下でpythonを実行しただけじゃシステムに設定されたpythonが用いられる
  • pipenvで作成した環境を使うにはpipenv shellとうつ

既存の Pipfile.lock から環境を再現する

既にリポジトリで pipenv の設定がなされている場合、リポジトリ下にある Pipfile.lock を用いて環境を再現することができる。次のコマンドを実行する。

pipenv sync

pipenv環境からrequirements.txtを生成する

pipenv lock -r > requirements.txt
VPC内で動くGlue開発エンドポイントでPyCharmを使用する方法 PySpark DataFrameメモ pytestでよく使うプラグイン
View Comments
There are currently no comments.